post by admin |

うちわの広告効果

最近では、暑い夏に涼しさを求めるためにうちわを使用するだけではなく、広告手段としても使用するようになったようです。

何故広告手段として使用されるかといえば、それは多くの人が気軽に使っている道具だからではないでしょうか。

うちわ知識集にありましたが節電意識もうちわの使用を後押ししているようです。

ではそのうちわをどうやって広告として活用しているか。

それはうちわをダイレクトメールにして送ることで、広告効果を得るということのようです。

うちわをダイレクトメールにするのは非常に簡単で、うちわの表面を広告として使用し、裏面に宛名シールを貼ったら、うちわダイレクトメールの出来上がりです。

宛名シールを貼ったうちわは、そのままポストに投函し郵便やメール便で送ることができます。

透明封筒を利用すれば、クーポン券やちらしもうちわに同封することが可能となります。

うちわだけの場合と同様、透明封筒に宛名シールを貼れば、ダイレクトメールとして送ることができます。

はがきやチラシだけですと、忘れられたりすぐに捨てられたりしてしまうことが多いのですが、実際に利用することができるうちわは、保存率が高いことから、広告効果が持続するという訳なのです。